これさえあれば大丈夫!バルトレックスでヘルペスの不安を撃退

ヘルペスを治療する薬

ヘルペスは細菌よいも大きさの小さい別の生物とされるウィルスの感染により起こるとされ、体内で増殖した菌が活発になる事で表皮上やあるいは粘膜に水膨れを作り出す事を特徴としており、時には痛みやピリっとする事も有り、多くの方に見られるのが口唇に出来るあるいは性器に起こりやすいとされ、これらを単純ヘルペスと言い、これ以外にも帯状に体半分に症状が現れる帯状疱疹や幼児期に起こる水疱瘡等が同様にウィルスにより症状が体に現れるとされます。
又、再発を繰り返す方もおり、抗生物質を用いての治療となりますが完全に体内から菌を死滅させる事は困難で有り、性病として多くの方に知られる疾患ですが、体内に残る菌が体調不良等の体の免疫が低下した際や精神的な負担が積み重なると再び症状が表に現れるとも言われ、一度感染した方には常に再発する可能性が有るとされています。
ヘルペスの治療に用いられるのが抗ウィルス薬の一つとされるバルトレックスとなり、上記に挙げた疾患に対しては全て適応を持ち、主に体内で増殖を繰り返すウィルスの増殖を抑える事が出来るとされ、発症初期の段階で用いる事でより有効性が高まると言われ、その分治療に掛かる時間を短縮する事が出来ます。
薬理としては、バルトレックスの成分バラシクロビル塩酸塩がウィルスの細胞内に取り込まれる事によりアシクロビルに変換され、遺伝子情報の伸長を止める事で複製が行われる事を阻害する事が出来るとしており、臨床試験の結果でも帯状疱疹の方を対象に行いプラセボを用いた比較試験を行った所、本剤成分を用いて治療を行った場合には半年後に感染部位に痛みを残した方は半数に減るという結果が出ており、有効性の高い成分で有るという事が分かります。
再発を抑制するには念の為に薬を常備しておく必要が有りますが、そういった場合にはバルシビルというバルトレックスと同一成分で構成されている後発薬が良いとされ、通院する事無く症状に気付いた際に直ぐに内服を開始する事ができ、更に値段が先発薬に比べ安価である事からバルシビルを用いる事で経済的な負担を軽減させながら治療する事が出来ます。
バルシビルの特徴は楕円形の濃い青色の剤形を特徴としており、用量の規格を500mgと1000mgとしており、海外からの購入となり偽物を扱う業者もいるので、こういった剤形や用量を参考にして購入する様にして下さい。